ウェイクボードの最初のステップはウォータースタート。まず、立ち上がらなければ話になりません。基本通りにやれば15分あれば充分。とても簡単なのですが、ト−イングするドライバーに技術がなければ中々立ち上がれないのも事実。実際、何回やっても立てなかった人が僕のスクールに来て5分程で立ってしまえると言う事も多いのです。今回はちょっとしたドライビングテクニックも交えて解説しましょう。




















用語解説:引き波=ウェイキ  つま先=トゥサイド  踵側=ヒールサイド  エッジに加重する=エッジを強める

 

 

スタート関連ページ

1ウェイキエアー
1ウェイクエアーを峠プロがわかりやすく解説します。滋賀県琵琶湖でウェイクボードするなら世界チャンピオン峠プロのウェイクボードスクール。
2ウェイキエアー
ウェイクボードの基本 2ウェイキエアーを練習しよう。シーズクラブウェイクボードスクール峠プロが教えます。
グラブの為の2ウェイキエアーをマスターしよう
ウェイクボードのトリック グラブトリックをマスターしよう。まずはグラブの基本をウェイクボードスクールの峠プロがわかりやすく解説します。
グラブトリック
琵琶湖でウェイクボードするなら世界チャンピオン峠プロのウェイクボードスクール。ビギナーからプロまで、日本トップのスクールです。

 
スクールコースTOP Web Shop アクセス Blog